いじめQ&A

見えにくいいじめに気付いてもらえない。どうすれば?

記録をつけ、証拠を集め、相手が言い逃れできないように
準備をしよう

たいていのいじめは、人から隠れて行われがちなもの。いじめる人は、「いじめは叱られてしまうようなこと」だと分かっているからこそ、大人の目、他人の目を避けて、バレないような仕方でいじめを行うんだ。

だから、せっかく勇気を振り絞って、親や先生に報告しても、「本当なのか」「勘違いじゃないのか」「仲良さそうにしていたじゃないか」と疑われてしまうか もしれない。また、大人たちに伝えることで、ますます陰でのいじめがエスカレートするかもしれない。そう心配してしまうからこそ、誰にも言えずに悩んでし まっているという子は、とても多い。

だから、そういう心配をしないで済むように、反撃の道具を作ろう。そのための大事な一歩が、証拠ノートづくりなんだ。

いつ、どこで、誰と誰に、どんなことをされて、どうなったか。その証拠はあるのか。いじめっ子は何人で、誰がリーダー格なのか。そういうことを、ひとつひとつ記録していこう。

誰かにいじめの事実を伝える時には、ノートに記録していくだけでも、十分な証拠になる。それに今は、小さなカメラやレコーダーもあるから、いざという時に 証拠を集めるための道具はたくさんある。嫌がらせメールが来たら、しめしめと保存しておこう。ネットいじめは、とても証拠が残りやすいんだ。

⇒詳しくは、いじめ攻略アイテム集を見てね!

いじめQ&Aに戻る